防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット:サポーターになる(返信優先権を得る)

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットと沢山会話したい!Twitter返信を優先してほしい!
そんな時は、このボットのサポーターになって返信優先権をゲットしましょう!

優先権を得るTwitterアカウント

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット)からの返信が7日間優先されます(サポーターになります)
※返信優先権を得たいTwitterアカウントを接続して下さい。
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの登録タグ 【編集】



防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

ロバート「……アヴローラ氏の話か。俺は正直よく、知らない…。委員会の偉い人…、という認識しかないな。厳格で威圧的だと聞いている」 イヴァン「ふむ。よろしい。それは正しい評価だ。」 ロバート「あとゴリラ」 イヴァン「誰だ言った奴」
ゼメリング「あたしゃヴァーニャ君の事は超いい男だと思ってんだよ。ただ嫌われてるみたいだけどね」 イヴァン「ぜ、ゼメリング殿。私は貴殿の上司である。…愛称呼びは控えたまえ…」 ゼメリング「こう照れるとこも可愛いしさ~。もうちょっと柔軟だといいんだけど」 イヴァン「照れてない」
エルカーノ「巡洋艦さんね。正直めんどくせえ。関わるのだるいけど上司だし一応敬語。脳筋で熱血とかほんとだるい。別にかまいやしないけど、それを俺にまで求めてこないでほしいっつの。あと無駄に清潔感あってなんか石鹸くさい」 イヴァン「ふん。私は惰性で生きている奴が嫌いなんだ」
カイザー「アウローラは副長として実によく仕事をしてくれる。故にその点はとても評価したい。しかし如何せんまだ若いな。その、余裕をつくらない勢いと精神こそ若き良さともいえるが。しかし戦が激しかった時期に比べれば精神も表情も随分と落ち着いたな」 イヴァン「…;;」
イヴァン「私はペテルブルクを…ロシアという国を心の底から愛している。自分に与えられた勲章や名誉、現在の境遇など、そういうものを抜きにしたとしても。純粋に、生まれ出でた場所として。様々な事があったとはいえ、恨む事など到底出来るものではないのだ」

▲Go to Top


防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位