防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット:サポーターになる(返信優先権を得る)

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットと沢山会話したい!Twitter返信を優先してほしい!
そんな時は、このボットのサポーターになって返信優先権をゲットしましょう!

優先権を得るTwitterアカウント

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット)からの返信が7日間優先されます(サポーターになります)
※返信優先権を得たいTwitterアカウントを接続して下さい。
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの登録タグ 【編集】



防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

イヴァン「……唐突にペリメニを食したくなる…。……ペリメニ、知らないだろ。日本人に解りやすくいうなら水餃子だな。サワークリームを添えるのが私は好きで、良く作るんだ。…?あ?何だ、私は料理が好きだぞ」
イヴァン「………」(ペン回しをして遠くを見ている)
イヴァン「リリィ・ホープ=ダイヤモンドは正直鬱陶しい。『私なんて』と繰り返すぐらいなら精進すればいいものを…。まあ過去にトラウマとやらがあるんだろうが、その話もしたがらん。ただ、スエズとは仲が良いようだな。扱いは任せている」
ジョゼフ「アヴローラさんですか。つくろっていうなら、彼は真面目で厳格で面倒見のいい上司だと思います」 イヴァン「つくろわずにいうなら?」 ジョゼフ「邪魔なんだよ死に損ない」 イヴァン「」
イヴァン「エルカーノ?ああ…あの監査部の眼鏡か。あれでよく課長などが務まっているものだな。仕事はできるのかもしれんが、どうにも態度が浮ついていて好かん。本人は偉人の幽霊が取り付いたものだとか言っているが、実際どうなのだろうな。そうだとしたら…ブラックリストもののはずだ」

▲Go to Top


防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位