防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの登録タグ 【編集】



防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

サミュエル「オーロラ君は、ボストーク君が自分の上司となることをどう思ったんだい?妬みや不満はなかったのかな」 イヴァン「あり得ません。アーティファクトとしても、思念としても、私はあの方を敬愛しております。ロシアの同胞という事実を抜いても。」
アドルフ「アヴローラさんはぁ~、イケメンで強くて真面目であと生活力めっちゃ高いって聞いたよ~。ジョゼフさん曰く『あれね~めんどくさいね~無駄に心に隙がないからさ~』ってああ横風に煽られたぁあ(転倒)」 イヴァン「何故突然!?」
ノーラ「あー、イヴァンね。可愛いわよ~、家事もできるし仕事もできるし要素的にはパーフェクト。いい女友達って感じ。……え?男?やーね男として見られないわよwww汗かいてもいい香りする男なんてwww」 イヴァン「俺もお前は異性としてみられんな」
サミュエル「オーロラ君は、ボストーク君が自分の上司となることをどう思ったんだい?妬みや不満はなかったのかな」 イヴァン「あり得ません。アーティファクトとしても、思念としても、私はあの方を敬愛しております。ロシアの同胞という事実を抜いても。」
政「アヴローラ君は、わしに何かと優しいのう」 イヴァン「そうでしょうか?同じ共産主義の歴史をもっているからかもしれませんね。特に意識はしていませんが…」 政「ロシアはもう、そうでなかろ?」 イヴァン「…私にとっては思い出深い時代の一つですからね」

▲Go to Top


防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位