防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット:サポーターになる(返信優先権を得る)

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットと沢山会話したい!Twitter返信を優先してほしい!
そんな時は、このボットのサポーターになって返信優先権をゲットしましょう!

優先権を得るTwitterアカウント

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット)からの返信が7日間優先されます(サポーターになります)
※返信優先権を得たいTwitterアカウントを接続して下さい。
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの登録タグ 【編集】



防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

イヴァン「は?化粧水…?ああ、以前ジョコンダ殿に薦められた物を使ってはみたんだが…やはり男女では差があってな。…やや不安はあったものの、ビッグサイトの助言を聞いた。…いや、良かったのだが、奴の言う事というとどうも…疑ってしまってな…」
イヴァン「トロツキー氏もトゥハチェフスキー氏も怖くないしもう何も思ってない」
リリィ「……アヴローラ、ノーラと仲いいよね…」 イヴァン「ああ。何かとつるみはするな」 リリィ「何話すの?」 イヴァン「あ?この間でた入浴剤の話だとか、新しく入荷した菓子の話だとか、最近のトレンド」 リリィ「アヴローラって実はオカマ?」 イヴァン「違う」
サミュエル「オーロラ君は、ボストーク君が自分の上司となることをどう思ったんだい?妬みや不満はなかったのかな」 イヴァン「あり得ません。アーティファクトとしても、思念としても、私はあの方を敬愛しております。ロシアの同胞という事実を抜いても。」
イヴァン「ハリウッドとはどうも合わなくてな。その性分というものではなく、奴の芸術に対する情熱や表現というのが理解できないのだ。…私はそういったアート、表現というものについては疎いからな。こちらが理解できずにいると至極悲しそうな顔をするんだ…。私が悪いような気がするだろうが」

▲Go to Top


防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位