防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット:サポーターになる(返信優先権を得る)

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットと沢山会話したい!Twitter返信を優先してほしい!
そんな時は、このボットのサポーターになって返信優先権をゲットしましょう!

優先権を得るTwitterアカウント

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット)からの返信が7日間優先されます(サポーターになります)
※返信優先権を得たいTwitterアカウントを接続して下さい。
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの登録タグ 【編集】



防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

イヴァン「Славься♪゛Отечество наше свободное♪゛」(音痴)
アダム「オーロラはそんなに我が怖いかね」 イヴァン「怖いというか…畏怖にちかい敬意を持っているには違いありません」 アダム「はは。それはさておき。彼は良くやっていると思うよ。元のアーティファクト素質以上に、思念体として努力している。我らO10には欠かせない存在だ」
サミュエル「オーロラ君は、ボストーク君が自分の上司となることをどう思ったんだい?妬みや不満はなかったのかな」 イヴァン「あり得ません。アーティファクトとしても、思念としても、私はあの方を敬愛しております。ロシアの同胞という事実を抜いても。」
リザ「アヴローラ君…。十分に気配りが出来て、相手の意を汲んであげているけれど、彼自身努力家で、さらに仲の良いボストークが色々あって立ち直ったでしょう?だからそれを人にも求めちゃうの。でも人それぞれに弱いところ強いところがあって、一概には量れないって事も解ってあげるべきだわ」
まづる「アヴローラですか。私としては仲良くしたいのですがね。彼、とっても素敵な人材ですし、思念体としても優秀です」 イヴァン「そうか」 まづる「何故そんなに距離をとるんでしょう…」 イヴァン「怖くなんてないぞ」 まづる「…」 イヴァン「怖くなんてない(震)」

▲Go to Top


防護巡洋艦アヴローラと愉快な仲間達ボット

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位