吉田一穂bot:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

吉田一穂botとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(吉田一穂bot)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

吉田一穂botの登録タグ 【編集】



吉田一穂botの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

あげ潮に鷗が溝渠(ほりわり)の塵埃(ごみ)をあさる。 海と岩礁が遠く呼びもどすだらう、純白な生の原型を。 鉄と混石土と油の沙洲植民地。『非遠近法』
萬物流轉――ものみな流れるといふ思想の中で、T・E・ヒュウムは希臘の網の目を透して「灰」を見た。それは幾何學的な線で索かれた永遠なるもの「星」への定著、非人間的なユークリッド空間であつた。カオスを見るものは呼びかへされる、砲彈の破片が彼れを灰燼に歸せしめた。『荊冠詩人』
彼等は往つた、貝殻に灯(とも)す薄明の彼方へ。 火山湖の碧玉(エメラルド)を秘(も)つ白鳥。『楡』
透蚕(すきご)は眠る、 影ほの白し。 一線(ひとすぢ)の丘の曙、 山々の遠き風嘯。『曙』
穀物の黄金なるを待ちて久しく、 はや太陽は葡萄のうちに醸されつゝある。『酒神』

▲Go to Top


吉田一穂bot
オーナー : 乾坤一擲

状態 : 動作中
ランキング : -位