カガナカbotボット:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

カガナカbotボットとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

「ナカムラさんは、俺のこと、よく見ていてくれてますよね」 俺の言葉にナカムラさんは豆鉄砲を食らったような顔をして、照れくさそうに笑った。 「カガミくんは可愛い後輩だからね、そりゃあ見ちゃうよ」 「そう、ですか……」 何故だか、後輩の二文字が胸に刺さってちくりと痛み出した。
「星がきれーですよ、カガミ警視」 「星なんて見えませんよ?」 「そーいう意味じゃありませんよ」 「?」 星が綺麗ですね。 意味:貴方は私の思いを知らないでしょうね
「あれ、ナカムラさん可愛くなりました?」 「どうした? 眼科行く? それとも脳に問題かな」 「茶化さないで下さいよ」 「さぁ、大人しく病院行こうね」 「デートですかナカムラさん」 「ダメだこいつ」
「ナカムラさんは、俺のこと、よく見ていてくれてますよね」 突然言ったカガミちゃんの事ばにドキッとした。あはは、バレてた 「カガミくんは可愛い後輩だからね、そりゃあ見ちゃうよ」 可愛い後輩よりも、意中の人だと言う事が大きいと伝えたら君は、なんて顔をするのかな。なんて、考えたりして。
嫌味な程出来たやつ。それが今までの印象だ。でも、今は違う。 「ナカムラさん……」 「なぁに?」 キスとか、その先の事を望んでいるのに、俺に男としての幸せを送って欲しいとかで自分の身を引くんだ。 「いえ、なんでもありません」 好きなヤツと一緒になるのが幸せだって、気付けよ、バカ

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位