カガナカbotボット:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

カガナカbotボットとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

何時も面会に来てくれる中村さんに一度、「なにも無理して毎日の様に来なくていいです」と言ったら、何時もの笑顔で「暇だから来てるの」と返された。分かりやすい優しい嘘に不意にも小さな幸せを感じてしまった。そんな昼下がり。
「ナカムラさんは、俺のこと、よく見ていてくれてますよね」 突然言ったカガミちゃんの事ばにドキッとした。あはは、バレてた 「カガミくんは可愛い後輩だからね、そりゃあ見ちゃうよ」 可愛い後輩よりも、意中の人だと言う事が大きいと伝えたら君は、なんて顔をするのかな。なんて、考えたりして。
〝キスから始まる恋!?〟 はは、馬鹿らしい。目の前の広告を心の中で罵倒した。 そんなものが存在するのなら、俺の、俺達の過ちは何だったのか。 「キスしたけど、実らない恋もあるってね」 一夜きりの感覚を思い出す様に自分の唇を撫でて、また歩きだす。 (全く、嫌になっちゃうねー)
二十面相。 その名を口にすると新しい上司のナカムラは苦虫を噛み締めた様な、それでいてどこか悲しそうな顔をする。 それは元上司の「カガミ警視」を思い出しているからなのか、それとも 元〝恋人〟の「カガミケイスケ」を思い出しているのか――。
カガミちゃんがカガミくんになったのと、可愛い後輩が意中の人に変わるのは同時だったと思う。 それからカガミ警視になってもこの思いは気付いてくれなかったけど。 なのに、なんでカガミになった今、やっと気付くんだよ。バカヤロウ。

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位