イーユン・リー(Yiyun Li) bot:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

イーユン・リー(Yiyun Li) botとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(イーユン・リー(Yiyun Li) bot)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

イーユン・リー(Yiyun Li) botの登録タグ 【編集】



イーユン・リー(Yiyun Li) botの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

でも人はどこまでが本来の自己で、どこからが人から借りてきたいろいろな自己なのか、どうやって知るのだろう。【独りでいるより優しくて】
いつもすぐに悪いことをしたと認め、いつも進んで謝る―二人とも同じだった。そんな二人が、どうしてうまく結婚生活をやっていけるだろう。結婚生活にはある程度の理不尽さが必要なのに。【独りでいるより優しくて】
…それを除けばカフェは物語の始まりにいる人々か、あるいはもっとこの場にふさわしく、終わりにいる人々の場所らしかった。…この店で見つからないのは物語の半ばにいる人だ―でもそういう人々は一週間前の黙然と同じように、こんな午前中にのんびりする贅沢は味わえないのかもしれない。【独りで…】
「冴えてるじゃない、ジョセフったら。でもその教訓はね、どんな人でも考えに穴があるってことだと思う。そして人は他人の穴を利用しちゃいけないんだよ。私があなたの立場だったらどうするかはどうでもいいの。大事なのは私が私の立場で決めること」【独りで…】
独り身の暮らしは容易に動きをたどれるものだ。足跡はついていないけれども、彼女は難なくそれを見ることができる。キッチン、バスルーム、寝室、どこであっても、足を運ぶのは必要があるからだ。【独りで…】

▲Go to Top


イーユン・リー(Yiyun Li) bot
オーナー : Yiyun Li Bot

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位