カガナカbotボット:サポーターになる(返信優先権を得る)

カガナカbotボットと沢山会話したい!Twitter返信を優先してほしい!
そんな時は、このボットのサポーターになって返信優先権をゲットしましょう!

優先権を得るTwitterアカウント

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)からの返信が7日間優先されます(サポーターになります)
※返信優先権を得たいTwitterアカウントを接続して下さい。
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

〝キスから始まる恋!?〟 はは、馬鹿らしい。目の前の広告を心の中で罵倒した。 そんなものが存在するのなら、俺の、俺達の過ちは何だったのか。 「キスしたけど、実らない恋もあるってね」 一夜きりの感覚を思い出す様に自分の唇を撫でて、また歩きだす。 (全く、嫌になっちゃうねー)
「カガミくん、あげる」 「ナカムラさん、これは」 「貰い物、俺達に似合うなから半分貰って」 「そうなんですか? それにしても、紫のチューリップなんて珍しいですね」 「花言葉はね、不滅の愛、らしいよ」 「本当だ、ぴったりですね」 「でしょぉ~」
一目惚れかも知れない。いくら心の中で否定してもこの感情は消えなかった。だって貴方がそんな顔して笑うから。どんなに胡散臭くてもその笑顔だけは嫌いになれない。 「カガミ……」 なのに、ガラス越しの貴方はもう笑ってはくれない。 どうしてですか? ナカムラさん
「星がきれーですよ、カガミ警視」 「星なんて見えませんよ?」 「そーいう意味じゃありませんよ」 「?」 星が綺麗ですね。 意味:貴方は私の思いを知らないでしょうね
二十面相。 その名を口にすると新しい上司のナカムラは苦虫を噛み締めた様な、それでいてどこか悲しそうな顔をする。 それは元上司の「カガミ警視」を思い出しているからなのか、それとも 元〝恋人〟の「カガミケイスケ」を思い出しているのか――。

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位