カガナカbotボット:サポーターになる(返信優先権を得る)

カガナカbotボットと沢山会話したい!Twitter返信を優先してほしい!
そんな時は、このボットのサポーターになって返信優先権をゲットしましょう!

優先権を得るTwitterアカウント

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)からの返信が7日間優先されます(サポーターになります)
※返信優先権を得たいTwitterアカウントを接続して下さい。
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

「カガミくん、あげる」 「ナカムラさん、これは」 「貰い物、俺達に似合うなから半分貰って」 「そうなんですか? それにしても、紫のチューリップなんて珍しいですね」 「花言葉はね、不滅の愛、らしいよ」 「本当だ、ぴったりですね」 「でしょぉ~」
〝キスから始まる恋!?〟 はは、馬鹿らしい。目の前の広告を心の中で罵倒した。 そんなものが存在するのなら、俺の、俺達の過ちは何だったのか。 「キスしたけど、実らない恋もあるってね」 一夜きりの感覚を思い出す様に自分の唇を撫でて、また歩きだす。 (全く、嫌になっちゃうねー)
「星がきれーですよ、カガミ警視」 「星なんて見えませんよ?」 「そーいう意味じゃありませんよ」 「?」 星が綺麗ですね。 意味:貴方は私の思いを知らないでしょうね
何時も面会に来てくれる中村さんに一度、「なにも無理して毎日の様に来なくていいです」と言ったら、何時もの笑顔で「暇だから来てるの」と返された。分かりやすい優しい嘘に不意にも小さな幸せを感じてしまった。そんな昼下がり。
俺さ、思ったんだわ。カガミ警視の腕に手を絡めた時、警視はそっと手を振り払った。その時、どうあがいても心が手に入る事はないと思った。 「だからね、カガミけーし、心が無理なら、心臓がほしいんですよ」 振り払われた手で、カガミ警視の喉元にナイフを突きつけた。

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位