カガナカbotボット:サポーターになる(返信優先権を得る)

カガナカbotボットと沢山会話したい!Twitter返信を優先してほしい!
そんな時は、このボットのサポーターになって返信優先権をゲットしましょう!

優先権を得るTwitterアカウント

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)からの返信が7日間優先されます(サポーターになります)
※返信優先権を得たいTwitterアカウントを接続して下さい。
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

殺人者の恋人や配偶者の気持ちが分かった気がした。ガラス越しにいる彼はピクリとも笑わないでただ座っている。 監視付きのこの部屋では大した話も出来ないし、彼を抱きしめる事も、その唇に口付ける事も、手を握る事さえ許されないのだ。 もうそばにはいられないなんて、どうやら気付くのが遅すぎた。
カガミちゃんがカガミくんになったのと、可愛い後輩が意中の人に変わるのは同時だったと思う。 それからカガミ警視になってもこの思いは気付いてくれなかったけど。 なのに、なんでカガミになった今、やっと気付くんだよ。バカヤロウ。
(参ったなぁ……) 目の前でスヤスヤ眠るのはこの間ここに配属された期待の新人、カガミちゃん。硬いだろう俺の膝の上で寝ちゃってさ、疲れてんのかね。髪の毛を撫でると思いのほか軟らかい。カガミちゃんの寝顔を見てると心が癒される気がした。 (ま、しばらくはこのままかな)
「ありゃー、ふってんねー」 聞き込みをした店を出ると沢山の雨粒が地面を打ち付けていた。 「傘、持ってきて正解でしたね」 カガミくんはパッと大きめの傘を開くとどうぞとスペースを開けてくれた。 この年で相合傘だとか、恥ずかしさもあるんだけど今日はもうカガミくん甘えてしまおうかな。
「知ってますかナカムラさん。お酒に酔ってる時は理性が取れたような状態に似ている様ですよ」 「そうなんですか」 「つまり、お酒に酔うと甘えてくるナカムラさんのほんし--」 「あーー! それ以上は言わないで下さいよ~、カガミ警視!」

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 動作中
ランキング : -位