カガナカbotボット:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

カガナカbotボットとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

殺人者の恋人や配偶者の気持ちが分かった気がした。ガラス越しにいる彼はピクリとも笑わないでただ座っている。 監視付きのこの部屋では大した話も出来ないし、彼を抱きしめる事も、その唇に口付ける事も、手を握る事さえ許されないのだ。 もうそばにはいられないなんて、どうやら気付くのが遅すぎた。
カガミくんの日記を見つけた。好奇心に負けて、ページをめくる。 …… ………… ………………うん! 俺は何も見てないぞ。 日記は元の場所に戻しといた。俺は何も見てないぞ。
一目惚れかも知れない。いくら心の中で否定してもこの感情は消えなかった。だって貴方がそんな顔して笑うから。どんなに胡散臭くてもその笑顔だけは嫌いになれない。 「カガミ……」 なのに、ガラス越しの貴方はもう笑ってはくれない。 どうしてですか? ナカムラさん
恋をしてしまった。最初は憧れの先輩出会ったのに。猫背気味の背中に頼もしさを感じていた。例え立場が変わろうとも、彼の事を本当に尊敬している。なのに、憧れの気持ちが何時から恋心へとすげ変わったのだろうか。
〝キスから始まる恋!?〟 はは、馬鹿らしい。目の前の広告を心の中で罵倒した。 そんなものが存在するのなら、俺の、俺達の過ちは何だったのか。 「キスしたけど、実らない恋もあるってね」 一夜きりの感覚を思い出す様に自分の唇を撫でて、また歩きだす。 (全く、嫌になっちゃうねー)

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 動作中
ランキング : -位