カガナカbotボット:サポーターになる(返信優先権を得る)

カガナカbotボットと沢山会話したい!Twitter返信を優先してほしい!
そんな時は、このボットのサポーターになって返信優先権をゲットしましょう!

優先権を得るTwitterアカウント

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)からの返信が7日間優先されます(サポーターになります)
※返信優先権を得たいTwitterアカウントを接続して下さい。
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

「知ってますかナカムラさん。お酒に酔ってる時は理性が取れたような状態に似ている様ですよ」 「そうなんですか」 「つまり、お酒に酔うと甘えてくるナカムラさんのほんし--」 「あーー! それ以上は言わないで下さいよ~、カガミ警視!」
「はい、お弁当」 最愛の人から渡されたお弁当はまだこころなしか暖かった。ありがとうございますと笑ってお礼をして、更にネクタイもしめてもらった。 玄関で行ってきますのキスをして、二人ともおんなじ職場に出かけていく。朝から幸せな、一日の始まり。
「カガミちゃん、はいチーズ」 パシャ。ナカムラさんの声の後にすぐさま機械音がする。何事だとそっちを向けば手に携帯を持っているナカムラさん。どうしても写真をとったのか聞いてもナカムラさんははぐらかして答えてくれなかった。 後日、ナカムラさんの待受が俺の横顔がなっていたのは別の話
プレゼントにネクタイを買った。黒を基調にしたもの。これはカガミちゃんに似合うぞ、と口角をあげて家に帰ったのは記憶に新しい。 でもねぇ、彼には彼女がいた。夕飯作ってまっているような彼女。 結局、彼に似合うと思って買ったネクタイは誰に渡せなかった。あぁ、酷い気分だなぁ
「ナカムラさんは、俺のこと、よく見ていてくれてますよね」 俺の言葉にナカムラさんは豆鉄砲を食らったような顔をして、照れくさそうに笑った。 「カガミくんは可愛い後輩だからね、そりゃあ見ちゃうよ」 「そう、ですか……」 何故だか、後輩の二文字が胸に刺さってちくりと痛み出した。

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 動作中
ランキング : -位