カガナカbotボット:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

カガナカbotボットとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

彼には彼女がいると、そう言い聞かせてこの想いに蓋をしてきた。それなのに、 「妹です」 君があっさりその蓋をどかしてしまうから、どんなものでこの想いを閉じ込めたらいいか分からなくなってきたんだ。
プレゼントにネクタイを買った。黒を基調にしたもの。これはカガミちゃんに似合うぞ、と口角をあげて家に帰ったのは記憶に新しい。 でもねぇ、彼には彼女がいた。夕飯作ってまっているような彼女。 結局、彼に似合うと思って買ったネクタイは誰に渡せなかった。あぁ、酷い気分だなぁ
何時も面会に来てくれる中村さんに一度、「なにも無理して毎日の様に来なくていいです」と言ったら、何時もの笑顔で「暇だから来てるの」と返された。分かりやすい優しい嘘に不意にも小さな幸せを感じてしまった。そんな昼下がり。
「星がきれーですよ、カガミ警視」 「星なんて見えませんよ?」 「そーいう意味じゃありませんよ」 「?」 星が綺麗ですね。 意味:貴方は私の思いを知らないでしょうね
恋をしてしまった。最初は憧れの先輩出会ったのに。猫背気味の背中に頼もしさを感じていた。例え立場が変わろうとも、彼の事を本当に尊敬している。なのに、憧れの気持ちが何時から恋心へとすげ変わったのだろうか。

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 動作中
ランキング : -位