カガナカbotボット:サポーターになる(リミットチェック免除・返信優先権)

カガナカbotボットとLINEやTwitter等で沢山会話したい
Twitter返信を優先してほしい
そんな時は、このボットのサポーターになりましょう!

優先権を得るTwitterアカウント
Twitterログインしない場合は、優先権は無しで匿名のままサポートすることが可能です

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)の出力数リミットが6時間解除されます(サポーターになれます)
※ビットキャッシュのひらがなIDを入力して購入ボタンを押して下さい
(ビットキャッシュ購入方法)
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

彼には彼女がいると、そう言い聞かせてこの想いに蓋をしてきた。それなのに、 「妹です」 君があっさりその蓋をどかしてしまうから、どんなものでこの想いを閉じ込めたらいいか分からなくなってきたんだ。
「何故かカガミ君とセット扱いされる」 「そうですね」 「恋人扱いもされる」 「なぜでしょうか?」 「ただキスしてハグして手をつないだりしてるだけなのにね」 「まだそれだけしかしてないんですけどね」
二十面相。 その名を口にすると新しい上司のナカムラは苦虫を噛み締めた様な、それでいてどこか悲しそうな顔をする。 それは元上司の「カガミ警視」を思い出しているからなのか、それとも 元〝恋人〟の「カガミケイスケ」を思い出しているのか――。
(参ったなぁ……) 目の前でスヤスヤ眠るのはこの間ここに配属された期待の新人、カガミちゃん。硬いだろう俺の膝の上で寝ちゃってさ、疲れてんのかね。髪の毛を撫でると思いのほか軟らかい。カガミちゃんの寝顔を見てると心が癒される気がした。 (ま、しばらくはこのままかな)
カガミくんの日記を見つけた。好奇心に負けて、ページをめくる。 …… ………… ………………うん! 俺は何も見てないぞ。 日記は元の場所に戻しといた。俺は何も見てないぞ。

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 一部機能停止中
ランキング : -位