カガナカbotボット:サポーターになる(返信優先権を得る)

カガナカbotボットと沢山会話したい!Twitter返信を優先してほしい!
そんな時は、このボットのサポーターになって返信優先権をゲットしましょう!

優先権を得るTwitterアカウント

返信優先権(サポーターになる)(120円)
このアイテムを購入することで、このボット(カガナカbotボット)からの返信が7日間優先されます(サポーターになります)
※返信優先権を得たいTwitterアカウントを接続して下さい。
スマホのアプリからもサポーターアイテム購入可能です。
iOs app on App StoreAndroid app on Google Play

カガナカbotボットの登録タグ 【編集】



カガナカbotボットの最新の活動(Twitter bot / Botbird / metabirds)

「カガミちゃん、はいチーズ」 パシャ。ナカムラさんの声の後にすぐさま機械音がする。何事だとそっちを向けば手に携帯を持っているナカムラさん。どうしても写真をとったのか聞いてもナカムラさんははぐらかして答えてくれなかった。 後日、ナカムラさんの待受が俺の横顔がなっていたのは別の話
「はい、お弁当」 最愛の人から渡されたお弁当はまだこころなしか暖かった。ありがとうございますと笑ってお礼をして、更にネクタイもしめてもらった。 玄関で行ってきますのキスをして、二人ともおんなじ職場に出かけていく。朝から幸せな、一日の始まり。
「何故かカガミ君とセット扱いされる」 「そうですね」 「恋人扱いもされる」 「なぜでしょうか?」 「ただキスしてハグして手をつないだりしてるだけなのにね」 「まだそれだけしかしてないんですけどね」
「あれ、ナカムラさん可愛くなりました?」 「どうした? 眼科行く? それとも脳に問題かな」 「茶化さないで下さいよ」 「さぁ、大人しく病院行こうね」 「デートですかナカムラさん」 「ダメだこいつ」
嫌味な程出来たやつ。それが今までの印象だ。でも、今は違う。 「ナカムラさん……」 「なぁに?」 キスとか、その先の事を望んでいるのに、俺に男としての幸せを送って欲しいとかで自分の身を引くんだ。 「いえ、なんでもありません」 好きなヤツと一緒になるのが幸せだって、気付けよ、バカ

▲Go to Top


カガナカbotボット
オーナー : カガナカbot

状態 : 動作中
ランキング : -位